『君の名は。』をどうしても観ることのできない男がどうしようもなく願うこと

話を始める前に、前提が4つある。 ①これは「嫌なら見るな」で終わる話である。 ②そして、それを選ぶこともできない中途半端なオタクの自分語りである。 ③この映画が好きな方は、不快な思いをされるかもしれない。 ④最後にお願いがある。 『君の名は。』をど…

雑感4・気付き

『HUNTERXHUNTER』No.361◆辞退・感想「無関係な人」

試しに感想を箇条書きで書いてみました。半分メモ帳なのであとで消すかもしれないし、毎週書くかもしれません。

『HUNTERXHUNTER』についての所感4・未だに名前のないもの

はい、またまたKAI-YOU様のところで書かせていただきました。もうほんと頭が上がらないっす…。 kai-you.net 以下おまけ。(というわりにがっつり書いてしまったけど)

音楽についての備忘録・あるいは大いなる野望のためのブループリント

自分がどんな音楽を好きなのかを考えるためのメモ帳。 または、どんな音楽が好きかを言語化するための青写真。 あるいは、どんなジャンルの音楽聴くの〜? というクソみたいなジャブを、アッパーで打ち返すための記事。 青春を過ごした音楽…ではなく、大人に…

久しぶりに曲を作りました。

www.nicovideo.jp www.youtube.com 芝村裕吏著「セルフ・クラフト・ワールド」に登場するアローバードを題材に曲を作りました。 歌詞に出てくる「君」が毎回誰を指してるのか、移りゆく「空」はどの時点なのか、とか考えながら聴くと楽しいかも…? よかった…

『ラ・ラ・ランド』についての所感・夢の始まりと終わり

(攻殻機動隊2巻より) 「自分が最も欲しいものは何かわかっていない奴は、欲しいものを手にいれることが絶対にできない」 これは村上龍著「コインロッカーベイビーズ」からの引用である。 最も欲しいものを手に入れること、やりたいことを実現すること。自覚…

『響け!ユーフォニアム2』についての所感・少年少女のためのラプソディ・イン・ブルー

「トランペットを吹けば、特別になれる」 例えば自分と似たような格好をした似たような能力を持った人がいたとして、自分に価値を見出すことはできるだろうか。 ましてや、全てが自分を上回る存在がいたとしたら? 大人にはそれができる。大人とは、そんな自…

『この世界の片隅に』についての所感・再会する命たち

「あいつは人さらい わしらはさらわれた人達じゃ」 「その通り ほいでキミ達はわが家の晩ごはんとなるのだ」 冒頭に現れる、後にすずと周作を導くこととなる、人さらいの化物。 違和感があった。徹底的に等身大で、リアリスティックに描かれたこの映画に、現…

『HUNTERXHUNTER』についての所感3・神話に回帰するための、王の骸の為す乱反射

KAI-YOUさんのとこで、ハンターハンターについてまた書かせていただきました。ありがたやありがたや…。 kai-you.net 以下、この記事に関するおまけの話。というか、伝わる気がしないことを好きなように書きます。

『シン・ゴジラ』についての所感・かわいそうなゴジラ、小さきその悲鳴

「そのまま世界をぶっ壊してくれたらよかったのに」 一緒に観に行った友人はそう言った。

『セッション』についての所感・憎しみで結ばれた者にしか生み出せないもの、ネクスト・チャーリーへの贈り物

「グッジョブという言葉が、ネクスト・チャーリーを殺す」 主人公ニールは、チャーリー・パーカーを20世紀最も偉大な音楽家だ、と称した。 www.youtube.com 彼はチャーリーのようになりたかった。音楽史に名を刻むような、偉大な音楽家に。 もう1人の主人公…

『HUNTERXHUNTER』についての所感2・函の中の遊戯

KAI-YOUさんから執筆依頼を受けて、ハンターハンターにおける自由について書かせていただきました。 kai-you.net 僕の文章に需要なんてあるんか…? という思いが未だに拭えませんが、なんせ頑張って書いたのでよかったら見てみて下さい。 晴れてのライター()…

スプラトゥーンをモチーフに曲作りました

大大大好きなゲーム、スプラトゥーンをモチーフに曲を作りました。よろしければ聴いて下さい。 編成的には、一応本家っぽい楽器を使用していますが、途中からはあんまり気にせず作ることにしました。 ギター打ち込みでは無理ゲーすぎる、というのがこれから…

雑感3・大人になるぐらいなら

社会不適応者は死ぬしかないんじゃないだろうかと思う時がある。今日がその日だった。

雑感2・くすんだスプーンをまず認めるということ

岡田斗司夫は「自分が楽しむことに資格が必要だと思っていないこと」をリア充の定義としました。 前提として、言ってる意味が分からない人は全員リア充でしょう。 あえて説明すると、例えば職場で飲み会があったとき、学校でクラスの団欒を見たとき、SNS上で…

『アンダーカレント』についての所感・原罪の河の合流点の、水面に浮かぶ膿

「あたしが死ねばよかった」 キリスト教によると、人間は罪を背負って生まれてきたようだ。その罰として労働が課せられただとか。 それらはもちろん嘘であるが、人々を支配することにおいて、人間の「罪と罰」という機能は便利だったことだろう。 何か失敗し…

ぼくのかんがえたさいきょうの「アニメ・マージナル・オペレーション」前編

1000%妄想です。 マージナル・オペレーションが好きすぎるので、アニメ化するならこんな感じがいいなぁという願望をまとめてみます。 不快になられる可能性もあるので、マージナル・オペレーションが好きな人ほどブラウザバック推奨です。 僕の乏しいアニメ…

『マージナル・オペレーション』についての所感・優しさの輪郭、濁流の中のファンタジーと現在地

「私が後進国のかわいそうな子だから、ですか?」 ジブリールは尋ねた。 まるで、自分に問われたようだった。僕はこの言い方をされるまで、無意識のうちに子供のことを自分より下に見ていたのだと気付けなかった。 「そんなわけあるか。しまいにゃ怒るぞ」 …

雑感1・とあるゴーストとの対話

「お前は恵まれた環境に育った。恵まれた家庭、恵まれた友人、恵まれた進路、恵まれた職場…。しかしお前は現状に満足していない。いったい、何の不満があるというのだ。」「……。」

『ガッチャマンクラウズインサイト』についての所感・愚劣な博愛主義者の救済、インサイトする猿にもう1つ必要なもの

山田詠美著「ぼくは勉強ができない」という連作短編の中に「◯をつけよ」という物語があります。僕が中学時代、最も影響を受けた小説です。 少し引用します。 「(テレビのワイドショウでコメンテーターが人殺しを糾弾しているシーンで)けれど、ぼくには、何故…

クラシックを聴かない人のためのおすすめクラシック入門10選・オーケストラ編

とにかくクラシック音楽の敷居を下げたいという一念で書きます。 この記事に向いてる方 ・クラシックを聴きたくてモーツァルトやバッハを聴いてみたけど、いまいちハマれなかった方 ・クラシックって長いし眠くなるから、邪道でもいいから美味しいところだけ…

『人類は衰退しました』についての所感・人間の証明、世界を調停する力

定義とは差異である。 区別する、分類する、名前をつける、何でもいいのですが、要するに抽象度の1つ高い場所から、世界をカテゴライズすることです。 例えば僕は関西人ですが、抽象度を上げると日本人、地球人、宇宙人となっていき、逆に抽象度を下げると〇…

おすすめマンガ10選

約半年前に書いたおすすめ漫画の記事があるんですが、 僕のおすすめマンガ100選 前編 - やさしいことわり そっからも順調に開拓し続けてまして、やっぱり世の中には僕の知らない面白い漫画がたくさんあるなぁとつくづく感じています。 そんなわけで、前回…

Logic Pro X で曲作りました

www.youtube.com 初投稿です。オリジナルの曲になります。 わざわざブログにしたのは、ネット上に Logic Pro X の記事が少なく感じたので、Logicを購入されるか迷ってる方の参考になればなぁと思いまして…(ほぼ付属音源しか使ってませんので)。 お暇のある方…

文学についての所感・黒い鳥は殺さなくてはならない

いつも言ってることですが、僕の文学観って村上龍の「時代の悲鳴を翻訳する」のと、村上春樹の「繋がらないはずのものを繋げる行為」てのに集約されるんですよね。そういう漠然とした不安を言語化することは、そのまま社会集団の生存戦略になる。古代人が雷…

『ガッチャマンクラウズ』についての所感・群衆(クラウズ)変革の時とサイコパスを愛し直すということ

ガッチャマンクラウズが超好きなので書いてみたくなった記事です。 ※ネタバレしかありません テレビではカットされたラスト付近についても触れておりますのでご注意を

『HUNTERXHUNTER』についての所感・メルエム以後、非論理はいかに克服されるのか

「基本的には漫才ですよ。(中略)その中でキャラ同士がそいつらしさを守った上での最良の一手をボケツッコミみたいな感じでバンバンかぶせていくんです。そんで論理展開させてってー、最後は主人公がそのずっと上をゆく解(オチ)を打ち出す! そんな感じです」…

吹奏楽を知らない人のためのオススメ吹奏楽曲10選

京都アニメーションの最新作が「響け! ユーフォニアム」という吹奏楽をテーマにしたアニメということで、吹奏楽経験者の自分はテンションダダ上がりです。 この記事は「吹奏楽ってお固いイメージがある」「吹奏楽に興味があるけど何から聴いたらいいか分か…

『インターステラー』についての所感・星間の距離と愛の距離

クリストファー・ノーランの映画「インターステラー」が死ぬほど面白かったので、色々とまとめます。自分のためなので、申し訳ありませんが好きなように書きます。 ※引用多いです ※ネタバレありです