読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画

ラ・ラ・ランドについての所感 夢の始まりと終わり

(攻殻機動隊2巻より) 「自分が最も欲しいものは何かわかっていない奴は、欲しいものを手にいれることが絶対にできない」 これは村上龍著「コインロッカーベイビーズ」からの引用である。 最も欲しいものを手に入れること、やりたいことを実現すること。自覚…

この世界の片隅にについての所感  再会する命たち

「あいつは人さらい わしらはさらわれた人達じゃ」 「その通り ほいでキミ達はわが家の晩ごはんとなるのだ」 冒頭に現れる、後にすずと周作を導くこととなる、人さらいの化物。 違和感があった。徹底的に等身大で、リアリスティックに描かれたこの映画に、現…

シン・ゴジラについての所感  かわいそうなゴジラ、小さきその悲鳴

「そのまま世界をぶっ壊してくれたらよかったのに」 一緒に観に行った友人はそう言った。

セッションについての所感  憎しみで結ばれた者にしか生み出せないもの、ネクスト・チャーリーへの贈り物

「グッジョブという言葉が、ネクスト・チャーリーを殺す」 主人公ニールは、チャーリー・パーカーを20世紀最も偉大な音楽家だ、と称した。 www.youtube.com 彼はチャーリーのようになりたかった。音楽史に名を刻むような、偉大な音楽家に。 もう1人の主人公…

インターステラーについての所感  星間の距離と愛の距離

クリストファー・ノーランの映画「インターステラー」が死ぬほど面白かったので、色々とまとめます。自分のためなので、申し訳ありませんが好きなように書きます。 ※引用多いです ※ネタバレありです