文学についての所感  黒い鳥は殺さなくてはならない

いつも言ってることですが、僕の文学観って村上龍の「時代の悲鳴を翻訳する」のと、村上春樹の「繋がらないはずのものを繋げる行為」てのに集約されるんですよね。そういう漠然とした不安を言語化することは、そのまま社会集団の生存戦略になる。古代人が雷を「神の仕業なり!」つって安心する的な。— i.亮祐 ryosuke.i (@…