『マージナル・オペレーション』についての所感・優しさの輪郭、濁流の中のファンタジーと現在地

「私が後進国のかわいそうな子だから、ですか?」 ジブリールは尋ねた。 まるで、自分に問われたようだった。僕はこの言い方をされるまで、無意識のうちに子供のことを自分より下に見ていたのだと気付けなかった。 「そんなわけあるか。しまいにゃ怒るぞ」 主人公アラタは、そう答えた。図星だったわりには、模範的な回答…