『ハンターハンター』についての所感4  未だに名前のないもの

はい、またまたKAI-YOU様のところで書かせていただきました。もうほんと頭が上がらないっす…。

 

 

kai-you.net

 

以下おまけ。(というわりにがっつり書いてしまったけど)

 

続きを読む

音楽についての備忘録  あるいは大いなる野望のためのブループリント

自分がどんな音楽を好きなのかを考えるためのメモ帳。

 

または、どんな音楽が好きかを言語化するための青写真。

 

あるいは、どんなジャンルの音楽聴くの〜? というクソみたいなジャブを、アッパーで打ち返すための記事。

 

青春を過ごした音楽…ではなく、大人になってから明確に「好き」と断言できる音楽を貼っていきます。

 

だいたいは友人知人に教えてもらった音楽。

 

聴く音楽に困った人は、楽しいかもしれない。

 

なお、自分用の記事なので、音楽は追加されていくかもしれない。

 

続きを読む

久しぶりに曲を作りました。

www.nicovideo.jp

 

 

 

 

 

 

 

www.youtube.com

 

芝村裕吏著「セルフ・クラフト・ワールド」に登場するアローバードを題材に曲を作りました。

歌詞に出てくる「君」が毎回誰を指してるのか、移りゆく「空」はどの時点なのか、とか考えながら聴くと楽しいかも…?

 

よかったら聴いて下さい。

『ラ・ラ・ランド』についての所感 夢の始まりと終わり

f:id:Groll:20170225115000p:image

 (攻殻機動隊2巻より)

 

 

「自分が最も欲しいものは何かわかっていない奴は、欲しいものを手にいれることが絶対にできない」

 

これは村上龍著「コインロッカーベイビーズ」からの引用である。

 

 最も欲しいものを手に入れること、やりたいことを実現すること。自覚的な願望。その究極系を人は夢と呼ぶ。

 

セバスチャンとミアは夢を持っている。自分の店を持つこと。女優になること。

 

一方で、夢という単語にはもう一つの側面がある。眠りの中で見る、論理の破綻した世界。そこでは空も飛べるし、魔法だって使える。そしてそれは、無意識の願望である(もちろん無意識の恐怖やストレスも現れてしまうが)。

 

ラ・ラ・ランドの世界では、それはミュージカルという形で現れる。

 

そう、ミュージカルとは夢なのだ。

 

この物語は、狭間の物語である。夢と現実の狭間…ではない。夢と夢の狭間、2つの願望に挟まれた物語なのだ。

 

続きを読む

『響け!ユーフォニアム2』についての所感  少年少女のためのラプソディ・イン・ブルー

「トランペットを吹けば、特別になれる」

 

 

例えば自分と似たような格好をした似たような能力を持った人がいたとして、自分に価値を見出すことはできるだろうか。

ましてや、全てが自分を上回る存在がいたとしたら?

 

大人にはそれができる。大人とは、そんな自分の上位互換が世界にはたくさんいるんだと知った上で、それでも自分は自分である、という自我を獲得した状態のことを言うからだ。

 

だがしかし、少年少女には難しい。

 

自分の可能性を知らない子供達。何者でもないが故に、何者にもなれるのではないかという根拠のない期待。伊集院光は、この万能感に中二病という名前をつけた。

 

高校生というのは、大人と子供の狭間だ。何かを為しとげたいという夢を抱え、迫り来る世界の広さ、上には上がいるという現実と戦わなくてはならない。自分を証明しなくてはならない。自分なんて世界にいらないんじゃないかという恐怖を克服しなければならない。それが特別になるということだ。

 

だから、高坂麗奈はトランペットを吹いた。そして特別な存在になった。

 

けれどもそれは、彼女の能力の高さに準じたものだ。

 

それならば、黄前久美子のような、普通の少女は?

 

楽器が特段上手いわけでもない彼女は、コンクールという戦場を生き抜くために、どうやって自分を確保すればいいのだろうか。

 

そう、これは実存の物語なのだ。世界のどこにでもいる、少年少女のための。

 

続きを読む